プリペイド型!?はじめての方にこそおすすめしたい手軽で便利なデータ通信simカード

プリペイド型のデータ通信simカードのメリットについて

続いては、「プリペイド型のデータ通信simカード」のメリットについて色々とご紹介します。
以下で挙げているメリットに少しでも魅力的に感じたというときには、プリペイド型simカードの使用を検討してみてはいかがでしょうか。
 
■追加料金を気にせず使える「前払い」、「使い切り」であること!
プリペイド型のデータ通信simカードを使うことのメリット、それは「「前払い」で「使い切り」だということです。
あらかじめデータ通信容量や使用期間などが決められたsimカードを前払いで購入することから、
利用し過ぎたことによる高額請求といった問題を回避することができます。
また、事前に料金を支払うことで使用できるタイプのsimカードであるため、クレジットカードの登録が必要なくだれでも購入できることも大きな魅力です。
 
■事前審査が必要ないため、だれでも利用できること!
クレジットカードの登録などを必要とせず、前払いをすることで利用できるプリペイド型simカードは、
料金を支払うことでだれでも利用できることから「事前審査」がありません。
大手通信キャリアと契約を行うためには申し込み後に事前審査が行われることから、審査に通らなければ契約ができないといったケースがあります。
プリペイド型simカードであれば事前審査を行う必要がないため、購入後はsimカードの開通設定を行うだけで簡単にインターネットが使えるようになります。
 
■事務手数料や解約手数料が必要ないこと!
従来のように通信キャリアとスマホ契約を行う際には、端末購入やsimカードの新規発行に伴い「事務手数料」が必要になります。
また、2年の縛りの中で途中解約をした場合にも違約金などの「解約手数料」がかかります。
その一方で、だれでも気軽に購入して使うことができるプリペイド型simカードであれば、
このような「事務手数料や解約手数料が必要ない」ことが大きなメリットです。
基本的な事務手数料だけでも3千円ほどする場合もあることから、このようなコストをできるだけ抑えたいという方には
プリペイド型simカードのご利用をおすすめします。
 
■通信可能エリアは大手通信キャリアと同じだということ!
短い期間だけデータ通信機能を使いたいという方におすすめのプリペイド型simカードですが、
使用する前は「本当に使えるのかな?」と不安になられている方も多いかもしれません。
ただし、ご心配なく!MVNO各社では大手通信キャリアの回線を借りて、プリペイド型simカードのサービスを提供しているためです。
販売元やsimカードのプラン内容は違っても、docomo回線をはじめ、au回線やSoftBank回線といった回線が利用されています。
そのため、短期間でも使える前払い形式のプリペイド型simカードでも、大手通信キャリアと同じ通信エリアを使うことができるのです。
 
■無制限に使えるプリペイド型simカードがあること!
最近のプリペイド型simカードの中には、アンリミテッド(無制限)でデータ通信を利用できるタイプが増えています。
このようなsimカードの場合は、高速通信が可能な期間やデータ通信容量が決まっていることから、
一定のデータ通信容量に達した場合はその後速度制限がかかる場合があります。
例えば、無制限のプリペイド型simカードで、一日200MBまでのデータ通信が可能なsimカードがあったとします。
こういった条件のもと一日のデータ通信容量が200MBを超過した場合、その後は速度制限されることがあります。
ただし、速度制限がかかったとしてもインターネットが全く使えないというわけではないですし、
次の日になればデータ通信量がリセットされて一日200MBまでのデータ通信容量がまた使えるようになります。
 
■使い切ったあとも解約の手続きが必要ないこと!
プリペイド型simカードといっても様々な特徴を持つsimカードがありますが、どれも共通していえるのが
「使い切ったあとも解約の手続きが必要ない」ということです。
購入した際に決まっている規定のデータ通信容量に達した場合に自動で解約になるsimカードもあれば、
使用期限が過ぎたことで自動解約となる無制限のプリペイド型simカードであります。
このように、従来のスマホ契約のように、わざわざ解約手続きをしなくても自動で解約手続きがされて使えなくなるため、
解約にかかる手間や時間を省くことができるといったメリットがあります。
 
■短期でも使いやすいということ!
simカードをご自身のスマホやタブレットに挿入して使いたいという方の目的として多いのが、「短期でも使いやすい」ということです。
例えば、海外で暮らしている方が一時帰国のために日本を訪れる際にもプリペイド型simカードがよく利用されるのはこのためです。
海外製のスマホの多くは、もともとsimロックがかかっていないsimフリーの端末が多いことから、
日本へ一時帰国した際にもプリペイド型simカードがあれば簡単にインターネット回線を使うことができます。
一般的な大手通信キャリアでスマホ契約するといった方法だと、2年間といった縛りが発生することから短期で滞在予定の方にとっては都合が良くありません。
そこで便利なのが、短期でも使いやすいプリペイド型simカードというわけです。
日本国内で使えるプリペイド型simカードであれば、「7日間」、「15日間」、「30日間」といったように自由に選ぶことができ
、使い終わったあとでも追加料金がかからないことも大きなメリットです。
プリペイド型simカードの種類によって様々な使用期間を選ぶことができるため、滞在日数や用途、
それにデータ通使用量や料金なども検討しながら最適なsimカードを選ぶことが大切です。